投稿者名:アドミンエイト

アモルファス炭化ケイ素

Amorphous silicon carbide (a-SiC) boasts impressive mechanical and strength properties that could revolutionize various industries. Its yield strength surpasses that of well-known materials like Kevlar, making it suitable for applications including microchip sensors and advanced solar cells. a-SiC stands out from its competition due to its superior tensile strength and versatility, being capable of fabrication at wafer scale. As such, this makes it more practical than graphene or diamond. High tensile strength Contrasting two-dimensional (i.e. 2D) materials like graphene or diamond that can be difficult to produce in significant amounts, amorphous silicon carbide (a-SiC) can be easily produced at wafer scale, making it an attractive alternative in many applications due […]

アモルファス炭化ケイ素 続きを読む "

Coherent Secures $1 Billion Investment in Silicon Carbide Power Substrates for Electric Vehicles

Coherent of Saxonburg, PA announced on April 8 that Japanese auto suppliers DENSO and Mitsubishi Electric have invested $1 billion into its silicon carbide business, holding a 12.5% non-controlling stake in a newly established subsidiary that will operate the business under Sohail Khan, Executive VP of New Ventures and Wide Bandgap Electronics Technology at Coherent. What is SiC? As demand for electric vehicles rises, manufacturers are investing more heavily in silicon carbide (SiC) power semiconductor chips to lower costs and increase efficiency. SiC devices have proven more cost-effective energy conversion efficiencies than silicon ones (Si). SiC semiconductors can switch at higher frequencies, increasing speed and efficiency while decreasing power loss

Coherent Secures $1 Billion Investment in Silicon Carbide Power Substrates for Electric Vehicles 続きを読む "

炭化ケイ素チューブ

Silicon carbide (SiC) is an amazing material with remarkable strength and resilience. Able to endure high temperatures, harsh chemicals and corrosion resistance – these characteristics make SiC an unparalleled material. When selecting a silicon carbide tube for your project, several elements need to be taken into account such as temperature, pressure, corrosion-prone environment and size/shape. This guide covers these issues so you can make an informed decision that best meets the requirements of your setup. Hardness Silicon carbide is an innovative ceramic material with outstanding characteristics of abrasion resistance, corrosion resistance, thermal stability, flexural strength and chemical inertness. It boasts Mohs hardness rating of nine which closely approaches that of

炭化ケイ素チューブ 続きを読む "

炭化ケイ素トランジスタ

炭化ケイ素パワー・デバイスは、その優れた材料特性により、電気自動車のエネルギー効率向上に不可欠な役割を果たしている。炭化ケイ素は純粋な状態では絶縁体として振る舞いますが、不純物(ドーパント)をドープすると電子半導体へと変化します。この用途のドーパントには、窒素やリンをドープするとn型になり、アルミニウム、ボロン、ガリウムをドープするとp型の半導体材料になります。高電圧絶縁破壊 炭化ケイ素半導体デバイスは、特に高温または高電圧が関係するパワーエレクトロニクス用途において、シリコンデバイスに代わる適切な材料と見なされるようになってきている。これは、その優れた特性によるものです。

炭化ケイ素トランジスタ 続きを読む "

炭化ケイ素はセラミックか?

炭化ケイ素 (SiC) セラミック製品は、耐腐食性、耐摩耗性、耐高温性でよく知られており、バーナーノズル、ジェットチューブ、フレームチューブ用の長期耐火材料としても使用されています。SiCは理想的な材料であり、1600℃の高温でも強度を維持し、高い熱伝導率、低い熱膨張率、優れた耐摩耗性を提供します。さらに、この耐久性のある材料は、酸や溶融塩に耐えることができ、分解したり粉々に砕けたりすることはありません。硬度 SiCは、その強度と弾力性により、過酷な環境に耐えるよう設計された部品に理想的な材料であり、それを必要とする用途に適しています。高い破壊靭性

炭化ケイ素はセラミックか? 続きを読む "

ユナイテッド・シリコン・カーバイド社

ユナイテッド・シリコン・カーバイド社は半導体メーカーである。ニュージャージー州全域の顧客向けにFET、JFET、ショットキーダイオードなどの炭化ケイ素(SiC)パワー半導体を生産している。また、ユナイテッド・シリコン・カーバイド社は、グローバル事業を通じて世界中の顧客にサービスを提供している。炭化ケイ素市場の成長は、さまざまな用途で使用される高性能パワー半導体に対する需要の高まりによって促進される可能性が高い。高効率の炭化ケイ素(SiC)デバイスとカスタマイズ製品 炭化ケイ素(SiC)半導体は、優れた電力変換デバイスを提供する。電力変換デバイスにおけるSiCの主な利点は、スイッチング速度の高速化と損失の低減であり、これにより、より高効率で小型の設計が可能になり、電力変換効率が向上します。

ユナイテッド・シリコン・カーバイド社 続きを読む "

炭化ケイ素ダイオードの利点

炭化ケイ素ダイオードは、シリコンデバイスよりも高い性能レベルと小型フォームファクタにより、さまざまな回路設計でますます人気が高まっています。WeEnのSiCショットキーバリアダイオードは、リード付き、ボルトオンスタイルから表面実装SMDデバイスまで、さまざまなパッケージで提供され、その高い品質と信頼性を保証するために、広範な耐久試験が実施されています。高電流密度炭化ケイ素(SiC)は、その広いバンドギャップのために印象的な半導体として際立っており、性能を制限する低いバンドギャップを持つシリコンベースの同等品よりも高い温度、電圧、および周波数でパワーエレクトロニクスデバイスを動作させることを可能にします。この特徴により、SiCは従来のシリコン系半導体とは一線を画している。

炭化ケイ素ダイオードの利点 続きを読む "

炭化ケイ素ホット・サーフェス・イグナイターの修理

ホットサーフェスイグナイター(HSI)は、低電圧の電気がそれを通過し、それを加熱することにより、ガス炉のスパークプラグの効果的な代替として機能します。動作温度まで加熱されると、HSIは整流された直流信号を生成し、炎が存在することを確認し、主開放ガスバルブの位置を維持します。1.高電圧 ホット・サーフェス・イグナイターは、高電圧を扱うように設計された火花を発生するイグナイターである。この点火器の一般的な用途としては、可燃性ガスを燃焼させるための実験炉や、炎を点火するためのガスヒーターなどがありますが、レンジトップやオーブンなどの調理機器や加熱機器にもよく使用されています。

炭化ケイ素ホット・サーフェス・イグナイターの修理 続きを読む "

炭化ケイ素るつぼ

炭化ケイ素るつぼは、金、銀、プラチナの溶融製錬などの金属溶解および鋳造用途に最適です。その耐久性は高温に耐えるため、金の製錬作業に適しています。中炭素鋼、レアメタル合金、その他の非鉄金属に適しており、耐摩耗性、耐腐食性、耐熱衝撃性にも優れています。高温耐性 炭化ケイ素るつぼは、熱衝撃および腐食に耐性がある一方で、変形したり割れたりすることなく超高温に耐える能力があり、金属鋳造および溶解作業、ガラス製造、セラミック釉薬製造、および釉薬塗布を含むさまざまな用途に適しています。さまざまなサイズと

炭化ケイ素るつぼ 続きを読む "

炭化ケイ素ニュース

炭化ケイ素は既知の物質の中で最も硬いもののひとつで、合成研磨剤として使用されるほか、隕石中のモアッサナイトとして天然に発見され、採掘も可能である。SiCのワイドバンドギャップ特性により、スイッチング損失を最小限に抑えながら高周波に対応できるため、電気自動車(EV)のインバーターなどの高電圧パワー半導体デバイスに最適です。炭化ケイ素とは?炭化ケイ素(SiC)は、ケイ素と炭素からなる非常に硬い化合物で、天然には希少宝石のモアッサナイトとして産出されます。

炭化ケイ素ニュース 続きを読む "

jaJapanese
上部へスクロール